MENU

Stakeの出金方法は?手順・注意点・出金できないときの対処法を解説

stake

仮想通貨が使えるブックメーカーとして2017年から運営されているStakeでは、もちろん出金にも仮想通貨が使えるので着金までの所要時間はわずか数分。

どこよりも早く出金できるブックメーカーとして評判も良く、出金スピードを求めるユーザーから支持されています。

もちろん、ブックメーカーとしての使いやすさや信頼性も申し分なしで、UFCと公式パートナーシップを締結しているので、サイト上でUFCの試合にベットすることもできます。

カジノとしても高く評価されているStakeですが、ブックメーカーの評価はさらに高く、拠点としているオーストラリアを含む海外では、社長自身が解説するカジノゲームのプレイ動画も好評のようです。

ここでは、Stakeで賭けを行った人が出金する際に知っておきたい、出金に関する基本情報、具体的な出金の手順などについて、わかりやすくお伝えしています。

目次

Stakeで使える出金方法

Stakeではビットコインだけでなくイーサリアムやライトコインなど8種類の仮想通貨による出金が可能で、どれを選択しても着金までの時間は数分程度と言われています。

・利用できる仮想通貨

スクロールできます
仮想通貨最小出金額手数料
BTC0.0005BTC0.00007BTC
ETH0.01ETH0.003ETH
LTC0.1LTC0.0005LTC
DOGE50DOGE1.5DOGE
BCH0.04BCH0.00001BCH
XRP30XRP0.0001XRP
TRX250TRX1TRX
EOS2EOS0.1EOS

Stakeからの出金手順

Stekeではビットコイン、アルトコインなど全部で8種類の仮想通貨による出金が可能ですが、出金手順はどれも同じで基本的には出金先の仮想通貨アドレスと出金額だけを入力すれば手続きは完了です。

ただし、リップルのようにアドレス以外のタグが必要なケース、ネットワークチェーンが複数ある仮想通貨も存在します。

自分が出金しようとしている仮想通貨の送金方法をきちんと確認し、ミスのないように準備しておきましょう。

仮想通貨をブックメーカーからの出金に利用するメリットは、匿名性の高さと送金完了すまでのスピード感ですが、匿名性が高いということは送金に失敗すると絶対にそのお金を取り戻すことはできないということです。

銀行間の送金ミスであれば、送金履歴が残るので費用や時間はかかるにしても組み戻しは可能ですが、仮想通貨の場合はそういうわけにいきません。

大切な資金を一瞬で失くしてしまわないためにも、送金先のアドレスなどに間違いがないよう、しつこいくらいに確認する癖をつけておくと安心です。

ここでは、ビットコインで出金する場合の手順をご紹介します。

ビットコインで出金する場合

  1. 出金先のBTCアドレスをコピー
  2. Stekeにログイン
  3. ウォレット画面でビットコインを選択
  4. コピーしたBTCアドレス、出金額を入力
  5. 「出金」ボタンをクリック

これで出金手続きは完了、早ければ1分ほどでウォレットに着金します。

Stakeからの出金は本人確認不要!

Stakeは仮想通貨で出金できるだけがメリットではなく、仮想通貨を利用するからこその匿名性の高さが魅力の一つで、出金の際の本人確認も不要となっています。

ほとんどのブックメーカーでは、初回出金時に身分証明書の提出を求められますが、Stakeでは初めての出金であっても書類提出は不要、手続きが終われば最速1分ほどで着金を確認できます。

このスピード感はユーザーからの評判も良く、何よりもブックメーカー側に個人情報を渡さずに済むので安心という人も多いようです。

Stakeから出金できない原因と対策

Stakeでは法定通貨を利用するブックメーカーのような本人確認が行われていないこともあって、出金できないというトラブルも起きづらいようです。

ただし、前述のように仮想通貨アドレスやタグを間違えた場合には、そもそも送付先が間違えているので着金するわけはありませんし、送付間違いを取り消すわけにはいきません。

この失敗については、完全に利用者の責任で、次回以降気をつけるという対策しかないので、入力ミスのないよう、確認に確認を重ねるしかないでしょう。

この他に、よくあるトラブルはBTCアドレスを入力する欄がわからないというものです。

実際に出金申請をしたことがある人ならわかると思いますが、出金申請の画面にBTCアドレス入力欄はありません。

では、どこに入力すれば良いのかというと「パスワード」と書かれた欄です。

初めて出金申請をする人は、ここにBTCアドレスを入力するとは思えないでしょうが、心配せずに入力してください。

この他の入力項目については、それほどわかりづらいところはないので、入力ミスさえしなければ問題なく送金できるはずです。

Stakeを安全に利用するための基本

Stakeは本人確認なしで利用できるブックメーカーなので、個人情報の漏洩といった心配はありませんが、不正にアカウントにアクセスされて、残っていたお金をごっそり盗まれてしまう可能性はゼロではありません。

実際、アカウントに不正ログインされ、ビットコインが盗まれてしまったカジノもあるので、ログイン情報が漏れないようにしておくことは重要です。

Stakeは業界でもまだまだ数が少ない二段階認証対応のブックメーカーなので、安全のためにも必ず二段階認証の設定をしておきましょう。

仮想通貨は匿名性が高いため、盗まれてしまうと取り戻せませんし、盗んだ方には証拠を残さずに使えるというメリットがあります。

そのため、今後は仮想通貨が利用できるサイトが狙われる可能性も高くなると言われており、個人でできるセキュリティ対策は万全にしておくのがおすすめです。

出金スピードを求めるならStakeがおすすめ

仮想通貨が使えるという便利さだけでなく、出金スピードが早く、本人確認も不要というのがStakeの魅力です。

もちろん、ベットできるスポーツの種類、試合も多く、ブックメーカーとしての使い勝手が良いのも当然。

これから、仮想通貨の使えるブックメーカーを探そうと思っている人はもちろん、すでに他のブックメーカーで仮想通貨を利用している人の2つ目、3つ目のぶっくめーかーとしてもStakeがおすすめできることは間違いありません。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる