MENU

ネットベットの出金方法は?具体的な手順から出金できないときの対処法まで解説

2001年にイギリスでオープン、2014年からは日本語対応もスタートしたネットベットは、日本でも人気のオンラインカジノですが、本国ではスポーツベットができるブックメーカーとしても知られています。

最近は、多くのブックメーカーが日本市場向けのサービスを提供しているせいか、ネットベットのスポーツベッティングは、まだまだ知名度が低い、カジノのイメージの方が大きいという人も少なくありませんが、入出金に利用できる決済手段の豊富さ、手続きの簡単さなど、ユーザーにとっての利便性が高いおすすめサイトです。

ここでは、ネットベットから出金する際に使える決済手段や決済に関するルール、出金で困った時の対策などについて、わかりやすくお伝えしていきます。

目次

ネットベットで利用できる出金方法

ネットベットからの出金には、複数の電子決済サービスと銀行送金が利用できます。

選択する手段によって、出金できる金額や着金までにかかる時間などが変わってくるので、事前に確認しておきましょう。

決済手段最低出金額最高出金額出金手数料処理時間
エコペイズ10ドル1万ドル無料最大24時間
アイウォレット10ドル1万ドル無料最大24時間
ヴィーナスポイント10ポイント1万ポイント無料最大24時間
アストロペイ10ドル1万ドル無料24時間〜48時間
マッチベター10ドル1万ドル無料即時
銀行送金10ドル1万ドル35ドル4日〜12日

ネットベットでは、1か月間に出金できる金額の上限を10万ドルと定めているので、これ以上の出金を希望する場合は、サポートチームに相談してみましょう。

ネットベットからの出金には本人確認が必要

ブックメーカーを長く利用している人なら、出金前に身分証明書などを提出して本人確認を行わなければならないということを知っていると思いますが、ネットベットでも出金前の本人確認が必須となっています。

最近増えてきた、仮想通貨対応のブックメーカーでは本人確認不要ですぐに出金できるところもありますが、ネットベットの場合はこのステップを飛ばすわけにはいきません。

出金申請前に本人確認を行うこともできるので、すぐに出金処理を始めてもらえるよう、事前に書類提出を済ませておくのがおすすめです。

認証に必要な書類は、本人確認のための身分証明書、現住所を証明する住所確認書類の2つですが、入金の際にクレジットカード、デビットカードを利用した人は入金手段を証明する書類としてカードの画像も提出します。

本人確認書類

運転免許証、パスポートなどの写真付き身分証明書。有効期限内のもので、氏名と生年月日の記載があるものに限ります。

住所確認書類

公共料金の請求書や領収書など現住所が確認できる書類。住所、氏名が記載されており、発行から6か月以内のもののみ有効です。

クレジット/デビットカード画像

入金の際に使用したでクレジット、デビットカードの表面、裏面の画像。

本人確認書類提出手順

本人確認書類が準備できたら、サイトにログインしてアップロードしましょう。

アップロード手順は次の通りです。

  1. ネットベットにログイン
  2. マイアカウントを開く
  3. 「書類をアップロード」をクリック
  4. 身分証明書、住所証明、クレジットカードなど、項目を選択して書類をアップロード

本人確認がどのくらいで完了するのかは明記されていませんが、数日かかることもあるそうなので、出金申請の時に慌てないためにも早めに済ませておいた方が良さそうです。

ネットベットからの出金手順

ネットベットからの出金に使える手段は、エコペイズやアイウォレットなどの電子決済サービス、銀行送金と複数ありますが、基本的な出金手順はどれも同じです。

もちろん、選択する決済手段によって入力項目数が違ったりはしますが、画面の指示に従って入力していけば間違えることはないでしょう。

ここでは、入力する項目が多い銀行送金、利用している人が多いエコペイズを例に、ネットベットからの出金手順をご説明します。

銀行送金の場合

銀行送金による出金は、普段から利用している銀行口座に直接送金できる便利な方法ではありますが、他の決済手段に比べると手数料が高額で、着金までに最大で2週間近くかかることもあるのが難点です。

電子決済サービスを利用したほうが早くてお得なので、もし変更できるなら他の決済手段による出金も検討してみてはいかがでしょうか。

【出金手順】

  1. ネットベットにログイン
  2. 出金方法から銀行振り込みを選択
  3. 出金先の銀行情報を入力
  4. 入力完了後に「確定」ボタンをクリック

銀行送金の手順自体はシンプルですが、銀行情報として入力する項目が多いので、必要な情報は事前に銀行のホームページなどで調べておきましょう。

入力項目は以下の通りです。

  • IBAN:IBANコードを入力
  • 氏名:口座名義人名をローマ字入力
  • SWIFTコード:SWIFTコードを入力
  • 電話番号:電話番号の最初の0を抜き、日本の国番号(81)を付けて入力
    (例:09012345678→819012345678)
  • 口座番号:出金先の銀行口座番号を入力
  • SORTコード:銀行コードを入力
  • 銀行名:銀行名を英語表記で入力
  • 銀行支店番号:支店番号を入力
  • 支店名:支店名を英語表記で入力
  • 銀行の住所:銀行住所を英語表記で入力
  • 郵便番号:郵便番号を入力
  • 都市:都道府県名を入力
  • 国名:Japanを選択

エコペイズの場合

エコペイズはブックメーカーやオンラインカジノなど、海外のギャンブルサイトを利用している人の間で一般的に使われる決済手段で、ネットベットでも多くのプレイヤーがエコペイズを使っています。

手数料、出金処理にかかる時間のバランスが良く、サービス自体が安定して利用できるところが人気の理由と言えるでしょう。

出金手順は銀行送金よりもさらにシンプルで、誰でも迷うことなく手続きを終えられるはずです。

  1. ネットベットにログイン
  2. 出金方法でエコペイズを選択
  3. エコペイズのアカウント番号、出金金額を入力
  4. 「確定」ボタンをクリック

これだけで出金申請は完了です。

本人確認書類の認証が終わっていれば申請から24時間以内に処理され、指定したエコペイズアカウントに着金しているはずなので、確認してみてください。

出金で困った時は優秀な日本語サポートに連絡を

ネットベットからの出金はどの決済手段を選んでも、それほど難しいものではありませんがブックメーカーに慣れていない人、初めて出金申請する人はちょっとしたトラブルでも焦ってしまうかもしれません。

そんな時に、自分で試行錯誤して色々とやってみるのも一つの方法ですが、すぐに解決するためにはネットベットの優秀な日本語サポートに連絡するのがおすすめです。

業界内でもネットベットのカスタマーサポートの評価は高く、英語サポートは24時間、日本語サポートも毎日17時~24時でスタンバイ。

日本からの利用者が多い時間をすべてカバーしている日本語サポート体制なので、出金で困ったことがあった時はもちろん、スポーツベッティングそのものへの質問、サイトの使い方など何でも気軽に質問できます。

メールなら日本語でも24時間受付が可能で、サポートスタッフが内容を確認次第、日本語メールで返信してもらえます。

チャットよりも時間はかかるものの、複雑な質問などはメールの方がわかりやすいので、質問の内容や連絡する時間に合わせて、チャットとメールを使い分けましょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる