MENU

ブックメーカーは合法!安心して遊べる理由と注意点について解説

合法

日本でもブックメーカーの存在が認知され始め、実際に利用している人の数も急増中ですが、やってみたいけれど違法性が心配という人も少なくありません。

確かに日本では公営ギャンブルの競馬や競輪などを除くギャンブルは法律で禁止されているので、ブックメーカーのようにギャンブルを扱うサイトの違法性が心配になるのは当然です。

ただ、ブックメーカーを利用している人がこれだけ増えても、逮捕されたというニュースを耳にすることはありませんし、コソコソとサイトが運営されているわけではないので、実際のところ違法なのか、合法なのかがわからないという人が多数派ではないでしょうか。

ここでは、ブックメーカーの違法性について日本の法律ではどのように定められているのか調べた結果をご報告します。

目次

日本の法律でブックメーカーは違法?合法?

日本でブックメーカーを利用するのは違法なのか、合法なのかは最も気になるところですが、簡単に言うと日本にはブックメーカーのようにオンラインで行われるギャンブルについての法律が存在しません。

ギャンブルに関する法律としては「賭博罪」がありますが、これは胴元と参加者の両方が処罰の対象となるもので、どちらか片方のみが処罰の対象となることはありません。

この賭博罪を日本にいる人がブックメーカーを利用するケースにあてはめてみると、胴元にあたるのがブックメーカー、参加者は日本にいる利用者です。

胴元と参加者の両方が存在するので賭博罪が成立しそうに思えるかもしれませんが、肝心なのはブックメーカーが海外で合法的に運営されているという点で、日本の法律は日本国内のみで有効となるため、海外にあるブックメーカーを処罰することはできず、賭博罪の成立に必要な「胴元」がいないことになります。

ブックメーカー自体は所在する各国の政府からの認可を受けて合法的に運営されており、そのブックメーカーを日本の法律で裁くことはできないので、必然的に利用者が裁かれることもないというのが現時点でのブックメーカー利用の一般的な見解です。

ただし、あくまでも「一般的な見解」であって、日本の法律でブックメーカーの利用が合法とされているわけではない点には注意が必要です。

違法でないから合法と言い切るわけにはいかない、グレーゾーンにあるのがオンラインで行われるギャンブルの存在で、法律のプロである弁護士でもこのあたりの見解は分かれることがあります。

ブックメーカー利用で逮捕されるケースも?

海外で合法的に運営されているブックメーカーを日本から利用する場合には、賭博罪が適用されない、安心して遊べるとホッとした人もいるかもしれません。

これまでにブックメーカーの利用で逮捕された日本人もいないということで、法律が改正されない限り安全に利用できると思っても良さそうですが、違法とみなされるケース、逮捕につながるケースがゼロというわけではないので要注意です。

ブックメーカー自体は海外で合法的に運営されていても、そのサイトを利用して日本国内で人を集め、参加費用を徴収するのは違法とされる可能性が高いでしょう。

個人でブックメーカーを利用しているくらいであれば特に問題はないと考えて良いですが、ブックメーカーに賭けるための場を日本国内に設け、人を集めた場合はその主催者が胴元とみなされ、そこに参加した人も摘発の対象になる可能性が高くなります。

わざわざ違法性が高くなるような場に出向いてまでブックメーカーを利用する必要はないので、

安全に使いたいのであれば自宅での個人利用にとどめておきましょう。

オンラインカジノで逮捕者が出た事例

ブックメーカーの利用で逮捕された人はこれまでに一人もいませんが、同じようにオンラインで提供されているカジノに関しては、過去に逮捕者が出た事例があります。

2006年に起きたこの事件は、当時オンラインカジノ業界を震撼させたとも言われるほどの大事件でしたが、逮捕された3人のうち2人は罰金を支払ったものの、残る1人は最終的に不起訴になっており、この事例があったからこそ「オンラインのギャンブルは違法と言えない」という見解が定着したのも事実です。

オンラインカジノの利用者を逮捕したのは京都府警、逮捕されたのは無店舗型の会員制オンラインカジノで約22万円を賭けた3人です。

逮捕された3人は「海外のサイトだから大丈夫だと思った」と語っていたそうですが、実際に海外で合法的に運営されているオンラインカジノを処罰することができなかったからこそ、最後まで争った逮捕者も不起訴になったことを考えると京都府警による逮捕自体に無理があったのではとの声もあります。

逮捕されて有罪になったわけでなくても、警察の取り調べを受けるだけで大半の人にとっては大きなダメージになりますし、人によっては社会的な信頼を失ってしまい、仕事などにも影響が出てしまいます。

違法ではないけれど、合法とも言えないブックメーカーの利用でも、同じことが起きないとは限らないので、注意するに越したことはないでしょう。

安心して利用できるブックメーカー選びが大事

日本にブックメーカーに関する法律がないとはいえ、どんなブックメーカーを利用しても同じというわけではなく、安全に遊ぶためにはブックメーカー選びも重要です。

前述のようにブックメーカーを運営するには各国の政府が発行するライセンスの取得が必須なので、ライセンスを取得しているブックメーカーであることは絶対条件、無許可で運営されているブックメーカーの利用はリスクが高いので絶対にやめておきましょう。

ライセンス発行国による信頼度の違いなどもあるので、ライセンスだけでなくこれまでの実績についても調べておくと安心です。

ブックメーカーの中には有名なサッカーチームのスポンサーになっている企業などもありますが、スポンサーになるためにはお金がかかるだけでなく、社会的な信頼なども必要なので、そうした点もチェックしておくのがおすすめです。

日本語に対応しているブックメーカーもどんどん増えていて、以前に比べると利用のハードルも下がっています。

安心、安全なブックメーカーを見つけて、色々な賭けを楽しんでください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる